【虹色クラス(小学部】2019年6月25日(火)@ジョーさんの日

今日はアーティスト、ジョーさんの日。テーマは、【虫メガネで焼き肉を焼いてみよう!】
さてどんな焼肉が出来上がるのでしょうか。
アルミホイルを敷き、お肉に塩こしょうをして、虫メガネ焼肉スタート!!
1枚の肉に二人~三人でやってみます。
 
なかなか出来ないなぁ~
集中して頑張れ~
 
おぉ!!
煙が上がってきたね!!
小さめの光を集めると、温度が上がりやすいね。やっぱり大きい虫眼鏡の方が早く焼けるねー。
最初はベンチの上でやっていたけど、日陰が広がってきたので、場所移動。
だんだんとお肉の色も変わっていくね。
 自分で焼いたお肉は食べる権利があるので、みんな必死(笑)
約30~40分かけて直径3センチ程のお肉を焼き上げていました。
美味しい~♡
スタッフもやってみたくて焼いてみました。表が焼けて裏返したら、少し色が変わっていました。下に敷いているアルミホイルの熱で少し焼けたのかな?
毛虫を見つけて、毛虫に虫めがねを当ててみた子。「わ!毛虫から煙が出てる!」
「こら、虫を焼くな!」と止める声も。
スズメが通りすぎて、「スズメも焼きたい~。」という声も聞こえてきて、(残酷だなあ…)とくみは思いました。(今焼いているのも牛のお肉なんですよね…。)
 裸足の子、自分の足に虫メガネを当ててしまい、アツーッ。
どんどん日陰が広がって、みんなの場所もずれていきます。
「ねえ見て~!」ジョーさんが子ども達に見せに行きます。
【にく】って書いてある!
 
ケイドロしたり、遊具に登ったり、〇〇から逃げろ、で遊んだりしていると、
「さにーが焼いたお肉欲しい人、集まってー!」という声が。
「待ってー、今いくー。」慌てて走りだして行きました。
欲しい人達でジャンケン大会。
ずーっとお肉を焼いていた6年生さんからは、「人が焼いたお肉を食べるなんて~。」「自分で焼いたお肉が一番美味しいのになあ。」という突っ込みが。
さにーのお肉は、ジャンケンで1番負けた子がゲット。わーいわーいと飛び上がっていました。
ふと見ると、いろんな物を焼きだした子どもたち。
葉っぱとか、たんぽぽの綿毛とか、枯葉とか。虫めがねを当てると、煙が上がったり、焦げてきたり。「枯葉が枯れちゃった!」
根気強く、引き続きお肉を焼く子も。
結構集中力がいるよね…
もう満足したかな?違う遊びに移る子達。
転んで泣いてしまった女の子に、「大丈夫?」と寄り添う2人の女の子。2人で優しく背中をさすってあげていました(*^_^*)
傍らでは、自分が食べたいお肉を、黙々と焼き続けている1年生さん。途中、「光が当たらん~。焼けない~。」
太陽の位置もずれているから、虫めがねの角度も変えたり、工夫しないとだね。
今日、こうやって体験してみて、屋外で、簡単に焼けるものを虫めがねで焼いて食べるのも楽しいなあと思いました。(根気がいるのと、サングラスがあるといいですね)
 振り返りでは、「お肉が美味しかった!」という声が多数。振り返りの後は、「UFO見た事ある?」ジョーさんとの宇宙人トーク、盛り上がったね。意外と見たことある子が多かったね。

今日はお肉が焼けて、食べれて良かったね。1日遊んでくれてありがとう!

さにー、くみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です