園長インタビュー

【太郎さんのここが聞きたい!】 VOL.74 「お金をもらいながら、子供と一緒に成長するスタッフ」

太郎さんは、今年、ある森のようちえんに小学部ができるので

10月くらいまで、月1,2回太郎さんやスタッフが行って、運営面をサポートするのだそうですが、

それにあたって、一番大事なことを教えてくれました。

 

太郎: 小学部の運営で一番大切な事は、

スタッフと親に起こりうるゆさぶりやプレッシャーへのサポートです。

といっても、経験談と現場の話を聞くことしかできないんですが・・・。

 

山田:どんなプレッシャーが起こりうるんですか?

 

太郎:まず、親ですが、両親共に小学生の我が子を

フリースクールに入れることが賛成ならいいんですが、違った場合、大変です。

仮にそこがクリアーしていても、それぞれのおじいちゃん、おばあちゃん、更に親戚から揺さぶられます。

「子供を学校にいかせなくて大丈夫なの?勉強させなくて大丈夫?」

の矢面にたたなくてはなりません。子供を信じ続けなければなりません。

自分達が成長してきた過程とは違うから誰もが不安になるんです。

ほおっておいて、計算に興味をもつのか。漢字かけるようになるのか?

森のようちえんを通わせるのでも、

「そんなところにかよってて、学校いったらちゃんと座れるのか。」

と心配されますが、その比ではありません。

 

うちの学び舎はすでに中学生の子がいるけど、イメージできる存在がなく小学部、新しく始めるのは大変だと思います。

 

山田:たしかに・・・

 

太郎:次にスタッフですが、別の意味で子供達から揺さぶられます。

 

僕はスタッフに何度も言うんです。

「ここは、お金をもらって、子供に成長させてもらう場だよ。」

「僕が、旅で一番楽しんでいるように、スタッフが一番楽しんでいい。」

って。

 

でも、みんな、大人だから、スタッフだから、お金もらっているから

子供に何かしてあげなければならない、導かなければならないって思うんです。

で、良かれと思って介入すると

「大人ぶって、大人の意見を押し付けるのかよ。」

といって別のスタッフのもとに行かれる。

 

本人は

「働いているんだから、お金もらっているんだから、できることをしないと。」

と思って、がんばればがんばるほど、子供達がはなれていくので

今度は、こどものいうことを何でも聞き始める。

かたっぱしから願いをかなえようとする。

すると、こどもからすると、言った瞬間かなうことなんて面白くないから、

切磋琢磨しないとあそびとして深みがないから、面倒くさいことだけ押し付けてきたり、退屈の一時しのぎで大人をつかい、

足腰が痛くても

「馬になれ!」

とか言われて軽んじられる。

 

自分はこんなにもがんばっているのに、うまくいかない。

でも、ガチンコでいいたいことを言って、こどもとぶつかっいてるスタッフの方が人気があって、キラキラしてみえる。

でも自分はそうはできない。こどもであっても

「ぶつかるのは怖い。いやって言えない。」

我慢して、平和を勝ち取ってきたから。

 

 

ようちえん児はまだいいんです。可愛いから。

 

でも小学部になると、固定概念をがんがん揺さぶられて、しがみつけば、しがみつくほど、一緒にいても辛くなるだけなんです。

 

今までの教育うけてきた大人ならみんな体験します。

 

子供と近い感性をもっていても、2,3ヶ月、そうでないなら2,3年たってもまだって場合も。

 

短気な人はぬけるの早いです。

我慢強い人ほど時間がかかります。

 

「私はここにふさわしくない。ここの子供の成長を阻害してしまう。」

と。

 

山田:どうすればいいんですか?太郎さんは、ちゃんと、スタッフ自身が楽しんだらいいって

伝えているんですよね?

 

太郎:それは、もう、何回も伝えています。

「ここは、子供に成長させてもらう場。」

「様々な個性を持った大人がいることがわかればいい。」

「大人と子供が一緒に時間と場所を共有すればいい。」

「仕事している大人が一番、楽しんで、一番成長する。その姿を見せてほしい」

と。でも、わかっててもできない。

本人が手放すしかないんです。

これまた、まわりも、成長をうながさずに待つしかありません。

 

でも、あるとき、スコーンとぬけて、いいたいことが言えるようになります。

すると楽になってくる。

 

山田:そうなると、何が違ってくるんですか?

 

太郎:まず、スタッフもいやなことはいやって言える。

そして、押し付けない。思惑をもって話さなくなります。

 

選択肢を示すけど選択は100%子供に渡すようになります。

「選択肢はAとBがあるけど、どうする?」

ってシンプルに

 

勉強させようとか思惑をもつと

「AもあるけどBの方がいいよ。」

あたかも、Bが正解的な言い方をするんです。

 

学び舎の子供は、アドバイスしたり、あたかも選択肢があるようにみせかけて、おしつけてくる大人に敏感で近づきません。

 

「こうやった方が効率的」という経験則は新しい時代に生きる子供にはもう古いし、決められたようにおもってしまう。

 

答えがほしんじゃなくて、相談に行ったときに、聞いてほしいだけなんです。

 

思考がクリアになればいい。それをサポートできるようになります。

この、インタビューみたいに。

 

山田:というと・・・。

 

太郎:大人が与え、提供しようとするのは失敗させたくないから、でも、一緒に成長するって思えば、子供の話をきいて、アイデアや発想を楽しみ、自分も成長できるんです。

 

山田:確かに、私、お仕事だけど、太郎さんから話聞いて、そのアイデアや発想を楽しんで

学ばせてもらっています!!!!何か、与えようとかしていませんね。(文字にはまとめているけど)

 

太郎:それがいいんですよ。だから、他の森のようちえんも、そんなかんじでサポートしていくつもりなんです。

 

これは、奈良でも太郎さんがだれより学び、楽しむんだろうな・・・・。

 

このブログシリーズは「さつきやま森のようちえん」の元保護者で、太郎旅の参加者でもあるライターの山田詩乃が、読者目線で、太郎さんに今、聞きたい事をインタビューし、まとめたものです。

 

ピックアップ記事

  1. 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.11 『太郎ツアーの魅力@ウユニ塩湖』
  2. 【無料企画】空飛ぶ園長 太郎のオンラインサロン体験版
  3. 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.7 『本物を体験し生きる力を育む(特別クラ…
  4. 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.16 『川遊びを楽しむには』
  5. 【空飛ぶ園長コラム】『五感の力』

関連記事

  1. 園長インタビュー

    【太郎さんのここが聞きたい!】 VOL.46 「太郎ツアー過去最大のピンチ!?台風で飛行機がとばな…

    2019年10月12日13日、日本を台風19号が直撃し、関東を中心に多…

  2. 園長インタビュー

    【太郎さんのここが聞きたい!】 VOL.65 学び舎の性教育

    前回、通常の学校ではサポートできない、時代の流れにそった新しい授業をそ…

  3. 園長インタビュー

    【太郎さんのここが聞きたい!】 VOL.39 経済学は未来を拓く鍵

    ここしばらく、経済学にはまって、集中して勉強していた太郎さん。…

  4. 園長インタビュー

    【太郎さんのここが聞きたい!】 VOL.64 第二教育委員会を始めました!

    例年なら世界中を旅している太郎さん、ツアーがない今、その眼は森の学び舎…

  5. 園長インタビュー

    【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.124 「オンラインフリースクールが面白いけど・・・」

    中高部が学び舎の運営に携わることで後継者問題が一段落し、更なる展開を模…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


  1. 園長インタビュー

    【空飛ぶ園長ブログ】 絵を描いている人は誰?
  2. 園長インタビュー

    【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.26『ツアーガイド養成講座』
  3. 園長インタビュー

    【空飛ぶ園長】 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.14 『命を守るための行動…
  4. 空飛ぶ園長コラム

    【園長コラム】『教育の万能薬』
  5. 空飛ぶ園長コラム

    【空飛ぶ園長コラム】『学び方の多様性』
PAGE TOP