ぶつかったことがきっかけらしいが、怒り狂う年長さんと話を聞こうとする5年生。怒りに任せて食いつくが、それを受け止めつつ話を続ける。こんなことが5分以上つづく。自分の非を認めて、謝るが、相手は怒りがおさまらない。それでも粘り強く話を聞いて、自分の意見も言って。一度落ち着いたけど、今度は女の子から「納得したの?」と聞かれ「納得できない!!」そして、もう一度話すことに。大人はついつい割り込んで、裁きを下す。学び舎は子どもたちがとことん話して、感情を出し切って、納得して終わる。大人もできたらいいのにと羨ましく思う。素敵な時間。大人がいっぱい学ばせてもらいました。2020年10月9日 #森のようちえん、#オルタナティブ教育、by空飛ぶ園長太郎

さつきやま森の学び舎Instagramはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です