【たんぽぽクラス(幼児部)】2018年1月24日(水)~オトの日~

こんにちは、だだちゃです。今日はひとみんのオトの日。
ひとみんから朝のミーティングでやってみたいことがあると提案を受けたので
朝のミーティングはひとみんの進行でお任せすることに!!

ひとみんがミーティングのための準備をしている間に、今日の行き先や活動内容を確認。
まだこちらが話す前から、次々に「行き先知ってるよ」「○○公園に行きたい」と口々に話し始めるので。
一度落ち着いて貰うよう「○○、聞いてくれる?」って一人づつに確認してから話し始めました。

 

一通り話が終わると、ひとみんも準備が終わったらしく目で合図をくれたので
「ひとみんから話があるみたいだよ!?」とバトンタッチ

今日はひとみんが以前大人向けの講習会で体験した。
”話したいことに自分の名前をサインする”という方法で皆への連絡をしていました。

・きになること、こまったこと
・やりたいこと
・みんなにしっておいてほしいこと

この3項目が紙に書いてあり、該当するところにサインをしていました。
子供達の気持ちを確認したり、自分の事を話す方法は
どんな方法でもいいと思おうので面白い試みだな~と思いながら参加していました。

自分の名前は書けないから頭文字だけ書く子や

まだ字が書けないからひとみんに手伝ってもらったり、記号で書く子も。

名前を書き終わってから、ひとみんの進行で
各項目で一人づつ順番にどんなお知らせか聞いていくと

1人が話をすると、そこに他の子がどんどん発言を重ねていき収拾のつかない状態になって、

その様子を見ていたスタッフは
「1人1人の連絡をしっかり聞きたいから、確りひとみんの言葉を聞いて!!(だ)」
「ひとみんはこれを通して何が聞きたいのか子供達が分かっていないのかも(こ)」

と軌道修正をしつつ何とか皆からの連絡を聞くことが出来ました。ここまで1時間を要しました…。

 

が、人の話を確りと聞きますという姿勢も出来ていたのかな~と思いました。
今日は工作で楽器を作りたいという事で刃物の取り扱いについてもしっかり聞いていたしね。

 

 

丁度カフェクラスの小学部が帰ってきたところなので、ハウスを出発。
ひとみんのリヤカーを誰が押すかで揉めつつも、山に向かって進んで行きます。

  

お山に着くと、こーなーを誘って滑り台で遊び始めました。
順番を抜かされたり、割り込みされて口論しつつも何だか楽しそうな様子。

 

親子クラスが山の別の公園を拠点にするという事でここで楽器を広げました。

ひとみんがバットを持ってきてくれたので早速使ってみたり、

 

工具を使って、楽器を工作してみたり。
他の利用者もなく、ほぼほぼ貸し切り状態の公園でオトを楽しみました。

 

ひと段落するとリヤカーの中に入ってお弁当を食べたり、
リヤカーに乗れずにスタッフの間に入って一緒にご飯を食べたりと。ゆったりした時間を過ごしました。

 

少し風も強くなってきて、風向きも変わったので公園の中にも冷たい風が吹き込むようになったので

もう少し暖かそうな場所を探して、公園を移動しました。
丁度、風も入りにくく陽射しも温かな場所に拠点を見つけて。また活動を再開しました。

こちらでもバットとボールを使って、野球をしてみたり

 

先程とは違った楽器をひとみんと作って、吹いてみたりしていましたよ~♪

 

場所が移ると少し気分は変わるようですね。
遊具の下で水溜まりが凍っているを見つけて、割って楽しんだ後はみんなに教えてくれましたよ( ^ω^ )

  

みんなで楽器を持ったり、バットを持つと戦いごっこが始まりました。
こーなーは叩かれると「戦いごっこは良いけど、打たれるのは嫌だよ」と伝えたり
だだちゃが構えるとそれだけで子供達は「怖い~~~」とスタッフも本気で応戦しましたよ~。
寒さが苦手なひとみんは着膨れして動かないので格好の的になっていました。

ハウスに帰ると、ひとみんの振り返りで。
「今日の朝に書いたやりたいことは出来た?」と聞かれて

「朝になんて言ったか忘れちゃった」って言うみんなが
今日も一日楽しく過ごせたのだな~と思った一日でした。

今日も一日ありがとう

だだちゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です