2018年春のオーロラ

春のオーロラの旅 2018年 その4 第三日目

2018年 春のオーロラの旅。3日目。
いよいよオーロラの最終日!!
今日も遊びまくりますよ!!!!!!

私のオーロラの旅では1回の旅当たり3回のオーロラを見るチャンスがあります。
このツアーで11回目ですので、33回のチャンスがあったことになります。
通常の旅行会社のツアーでは、オーロラの見える確率を20%~30%と言っているそうです。
私の旅では、何と32/33。
つまり見えなかったのは33日中1日です。
見えた確率、96.9%。
見えない確率、3.1%。
見えない方が難しい(笑)
私が晴れ男っていうこともありますが、来る人が根拠なくオーロラ見えると思っているからですね(笑)

ちなみに、今まで10回のツアーで、オーロラ爆発(ブレイクアップ)が見れなかったことはありません。
でも、この11回目のツアー、大きなオーロラは見えましたが、ブレイクアップまではまだ至っていない。
どうなったのでしょうか。

 

この日も14時にロビーに集合して、まずはイエローナイフのピンバッチをもらいにビジターセンターへ。
そのあと、昨日行ったカフェに向かいます。
皆さん慣れたもの。
昨日美味しかったシナモンロールをお土産に買うくらいの余裕もありました。

今日は出発が早く15:45にはホテルを出ます。
ということで早々にホテルに戻りました。

しかも、明日の朝の出発が早いため、荷物整理もほぼ終わらせないといけません。

そんなことをしているとあっという間に集合時間です。
昨日寒かったから皆さんしっかり防寒してきました。

しかし、日中はマイナス5度。結構暖かいんですよね(笑)

今日はこれから犬ぞりタイム。
私たちがお世話になっているのは、犬ぞりの世界一に3回もなったという方の運営する会社。
そこの日本人スタッフがついてくれるので安心です。

簡単なレクチャーの後、グループに分かれていざいざ挑戦です。

今回は2人乗りが5つ。
ペアになって乗ります。
一人は前で座り、後ろの人がバランスとブレーキを担当。

まずは山道を抜けていきます。
私たちの安全のために後ろにスノーモービルをつけた状態で走ります。
そして湖に出たところからいよいよスノーモービルを切り離して自分たちで走っていきます。
真っ平らな雪原を犬たちに魅かれて走るのは最高でした。
青い空に、真っ白な雪原。
そこを風を来て進んでいきます。

気が付けばあっという間に6kmを走り切りネイティブインディアン(以下ネイティブ)のキャンプに到着。
犬たちにお礼を言ってお別れしました。

まずは、出迎えてくれたボビーとあいさつ。
とっても親切なネイティブです。
いつも私の来るのを待っていてくれるとか。
本当にありがとう!!

そのボビーが、
「魚捕りに行く?」
というので大塚さんと今野さん、もう一人を残していくことに。
彼らはこれからラジオ収録です。(笑)

さて、魚組。
今日は取れるのでしょうか?

ボビーの仕掛けた網の場所まで揺れるそりで向かいます。
これもまた楽しい!!

現地について3日ぶりに引き上げる網。
3日間で張った氷を割って、網をあげる準備をします。

そのあと一気に網をあげると。

捕れる捕れる。
たくさんの魚が取れました。
ここでは初めて見るトラウトも!!これはうまそう。

みんなでワイワイと魚を捕り、キャンプに戻ります。

戻った時にちょうどラジオの収録が終わったようです。

そのあと、ティピというネイティブのテントでステーキと魚を焼いてくれました。
それをほおばります(笑)

ちなみに、ネイティブは焦げ付くくらい焼くのだそうで・・・。

食事の後は、私もラジオ収録。
15分番組を2本とっていただきました。
また放送日が決まりましたらお知らせします。
スマホのアプリがあればどこでも聞けるそうなので。

 

そのあと、このキャンプを使う他の方々が来たので、私たち専用の丘に向かいます。
雪深いその丘に行く途中、ウサギやリスの足跡を見て、アニマルトラッキングを少しして。
それから、丘の上に到着。
その時、だんだんとオーロラが見え始めました。

しばらく寝転がったりして見ていたのですが、オーロラを出すための舞を(笑)
何と、マイムマイム(笑)
10kgの防寒着を来てのマイムマイム。
私と大塚さんは見つめるだけでしたが、かなりハードそう。
そして大笑い。
するとだんだんとオーロラが大きくなってきました。

そのオーロラが動き始め、いよいよブレイクアップ!!
待ちに待った瞬間です。

その美しさに
「スゴイ」
「すごい」
「凄い」

という言葉しか出てきません。
良かった。
一緒にこの仲間とこの瞬間に立ち会えて。
その幸せをかみしめていました。

ありがとう!!
その言葉がでてきます。

自然に
仲間に
そしてツアー支えてくれるすべての人に。
大塚さんはもちろん、飛行機のスタッフにも感謝です。

 

オーロラが一段落したところで、キャビンに戻ってボビーの太鼓とネイティブの歌を聞きます。
これも私の大好きな時間。
彼らのその歌が私の心に沁みわたります。

 

楽しい時間ももう最後。
キャンプから近くの村まで送ってもらいホテルに戻りました。
充実した1日。
本当に長かった1日。
楽しかったな~。

 

帰りもいろいろあったので、続きはまた次回。

空飛ぶ園長 木村太郎

 

【ツアー情報】
http://eggs-nature.net/ecotour/tarotour

【現在募集中のツアー】
夏のオーロラ 9月1日出発 残席1名  9月4日出発 残席1名。
11月中旬 タイ-チェンマイの灯篭上げ祭りなどを現在募集しております。

ピックアップ記事

  1. 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.12 『太郎ツアーの魅力@オフ会』
  2. 【空飛ぶ園長コラム】『教育の枠』
  3. 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.5『雷親父がいるようちえん』
  4. 【空飛ぶ園長コラム】『五感の力』
  5. 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.4 『親父の会』

関連記事

  1. 2018年ウユニ塩湖

    【ウユニ塩湖の旅 vol14 12日目 】

    いよいよ、リマの最終日。この日は、太郎、さやか、あきらの3人でアテ…

  2. 2018年春のオーロラ

    春のオーロラの旅 2018年 その3 第二日目

    2018年 春のオーロラの旅 2日目前日の長い一日を終え。…

  3. 2018年ウユニ塩湖

    【ウユニ塩湖の旅 vol7 5日目 】

    いよいよ、ワラス最終日。ここが素敵すぎて残りたいって人もいたり。…

  4. 2018年ウユニ塩湖

    【ウユニ塩湖の旅 vol6 4日目 】

    標高3000mの街「ワラス」の2日目です。朝、外を見るとこの景…

  5. 2018年ウユニ塩湖

    【ウユニ塩湖の旅 vol1 旅の前に】

    日本人が行きたい場所の3つの内の1つがウユニ塩湖だって言う話です。…

  6. 2018年ウユニ塩湖

    【ウユニ塩湖の旅 vol4 2日目】

    トラブルはあったものの無事にリマのホテルで一夜を明かし、11時に集合し…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 園長インタビュー

    【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.16 『川遊びを楽しむには』
  2. 園長インタビュー

    【空飛ぶ園長】 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.15 『自分が得意なことで…
  3. 旅のブログ

    木村太郎にしか作れない旅 【カナダ イエローナイフ オーロラの裏舞台】
  4. 園長インタビュー

    【空飛ぶ園長】 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.14 『命を守るための行動…
  5. 園長インタビュー

    【空飛ぶ園長】 【太郎さんのここが聞きたい!】VOL.13 『震災に備えて』
PAGE TOP